読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GardenPorterのブログ

滋賀県にある山野草のネットショップ、GardenPorterのブログです。山野草を始めとする四季折々の草花やお手入れやガーデニングに関する情報を初心者の方にもわかりやすくお届けします。

「間」の美を世界に発信する日本人アーティストたち

www.gardenporter.com 皆さん、遅れましたが明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いいたします。 さて、今回は今年初めの土曜日ブログ(書く内容自由)ということで久しぶりに私の趣味全開の内容にしちゃいました。 その内容とは私の大好き…

これだけは知っておきたい。日本庭園における役石の種類

www.gardenporter.com 早いもので新年が明けもう10日も経ってしまいました。 今年の冬はあまり雪が降らず、なんだか暖かく感じます。 寒さが苦手な私にとってはありがたいですが、雪は降って欲しい。 なぜって雪の降り積もった日本庭園が私は大好きだからで…

いまも進化する日本が誇る職人技。庭の魅力を引きだす名脇役たち

www.gardenporter.com 庭において最も欠かせない要素を挙げるなら、植物、石、水。 この三要素は絶対に庭とは切り離せない存在ですし、これだけで充分に魅力的な庭が構成できるでしょう。 そして中でも植物。 庭に植物を植えるのは万国共通ですし、樹木一本…

【正月飾り】創作門松をつくってみた【日本文化】

www.gardenporter.com 皆さん、今年もいよいよあと一週間を残すのみとなりました。早いものですね。 そして本日はクリスマス・イブ。 去年ならクリスマスリースの記事を書いたし、ここはクリスマスに因んだ記事を書きたいところですが、そうはいきません。 …

飾れば和モダン!?和風の雰囲気に合う観葉植物9選

www.gardenporter.com 昨今、植物好きに限らずおしゃれなインテリア好きにも人気の観葉植物。 部屋の中に緑があるだけで雰囲気が和み、癒されますよね。 しかし観葉植物を飾る部屋というと、おしゃれでモダンなリビングやどちらかというと洋風な雰囲気の印象…

【簡単DIY】和風にも洋風にも使える!鼓型バンブーフラワースタンドをつくろう!

www.gardenporter.com 先日、滋賀県の某所で竹垣研修会が開かれました。 つくった竹垣は臥龍垣(がりゅうがき)。 創作竹垣の一種で、光悦寺垣や九頭竜垣の応用型といえます。 360度縦横無尽に暴れまわる巻き玉縁と、乱れ組子の迫力がまさに地に臥す龍が如き…

花の少ない冬は葉を愛でよう!江戸が生んだ葉芸を楽しめる植物8選

www.gardenporter.com 秋も深まりそろそろ冬に突入する勢いのこの季節。皆さんどうお過ごしでしょうか。 東京では早くも大雪が降ったそうで、大きく変動する異常気象に私は驚いている次第です。 近年、異常気象だ異常気象だとやたらに唱えられておりますが、…

【庭師】光悦寺垣をつくってみた【竹垣】

www.gardenporter.com 先日、京都のとある旅館にて竹垣をつくる仕事がありました。 つくる竹垣は光悦寺垣。 京都の光悦寺に本歌があり、臥牛垣(がぎゅうがき)とも呼ばれています。 作業工程的に現場ではなく会社で作成し、完成品を持っていって設置する段…

秋の七草徹底解剖!古来より親しまれてきた秋を感じる草花たち

www.gardenporter.com 七草・・・というと春の七草を思い浮かべる人がほとんどだと思います。 せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ。 これら春の七草は万葉の時代から親しまれてきて、お粥に入れる七草粥としても使われてきまし…

子どもたちに伝えたい草花遊び。昔から遊ばれてきた植物たち8選

www.gardenporter.com 昨今、人と自然が触れ合う機会が減っていると唱えられています。 「ふるさと」という有名な唱歌には自然豊かな情景が歌われていますが、現代の都会で育った子どもたちにとってはあまり親しみの湧かない曲と化し、もしかしたら「里山」…

日本人なら知っておきたい。用と美を兼ね備えた竹垣10選

www.gardenporter.com 例えば京都や金沢など、和の景観が色濃く残る地を訪れたとします。 皆さんはそこでなにを目にしたとき、もっとも伝統美を感じますか? 町屋などの伝統建築や迫力のある鬼瓦、着物に下駄を履いて歩く人々や石畳の小路など人それぞれだと…

【人類最古の発明】繊維として使われてきた植物たち8選【植物繊維】

www.gardenporter.com 一般的にはおよそ450万年前、二足歩行をする猿人が出現したことから人類が誕生したといわれています。 それから人類は様々な進化を遂げ今日まで歴史を紡いできたわけですが、そこにはやはり「道具」の存在が欠かせません。 特に縄や布…

お盆の供花はこれで決まり!お盆に所縁のある植物8選

www.gardenporter.com 今日は8月13日。迎え火を焚かれる地域も多いかと思います。 地域によっては7月に盆入りする所もありますが、今日からお盆休みに入られた方も多いのではないでしょうか。 そもそもお盆とは先祖の霊を迎え供養する行事で、植物との関係も…

庭師とのぼる、山のぼり~まるでアスレチック?滋賀の名山・金勝アルプス【後編】~

www.gardenporter.com 前回に引き続き金勝アルプス、登っていきます! ↓前編はこちら↓ 落ヶ滝~白石峰 落ヶ滝に到着し一休止を終えた私たちは、最も大きな見どころである天狗岩へ、そしてその先にあるこのルート最高峰の白石峰へ登っていきます。 滝を過ぎた…

庭師とめぐる、庭めぐり~半夏生の咲く庭・両足院~

www.gardenporter.com 久しぶりの庭めぐり、今回見ていくのは建仁寺の塔頭・両足院です。 京都でも名高い寺院の一つである建仁寺。竹垣の建仁寺垣でも有名ですね。 本坊の庭は割といつも公開していますが、今回紹介する両足院はなんと期間限定です。 今年は6…

現代社会のオアシス。いま、日本庭園に行くべき3つの理由

www.gardenporter.com 突然ですが皆さん、日本庭園は好きですか? 日本庭園といっても様々な景色が頭に思い浮かぶと思います。 大きな池と築山がある大名庭園や、禅寺の方丈にある枯山水、はたまた茶庭の露地などタイプは違えどみな日本庭園といえます。 実…

家紋に描かれた植物を見破れ!あなたは一体いくつわかりますか?

www.gardenporter.com 私の中で今、「家紋」が密かにブームを巻き起こしています。 現代ではあまり見ることは少なくなってしまいましたが、水戸黄門の印籠に代表される時代劇や、古い町並みやお寺の屋根瓦などふとしたときに目に映る家紋は、我々日本人がこ…

庭師とめぐる、庭めぐり~日蓮宗大本山・妙顕寺~

www.gardenporter.com 久方ぶりの庭めぐりですが、今回は京都にある妙顕寺をめぐっていきます。 妙顕寺は「南無妙法蓮華経」と唱える法華経で知られる日蓮宗の大本山です。 鎌倉時代、日像上人によって京都発の日蓮宗道場として創建されました。 本堂には3…

庭師とめぐる、庭めぐり~大徳寺塔頭・高桐院編~

www.gardenporter.com 今回の庭めぐりは大徳寺塔頭のひとつ、高桐院(こうとういん)を訪ねていきます。 高桐院は利休の弟子、利休七哲の一人の細川三斎と所縁のあるお寺です。 苔の美しい参道は観光用のポスターやCMに起用されているので見たことある方も多…

庭師とめぐる、庭めぐり~大徳寺塔頭・興臨院編~

www.gardenporter.com 久しぶりの庭めぐりの記事です。 普通に庭園を周っていたら見逃してしまうような細やかな「をかし」ポイントを見つけ、その楽しみを皆さんにも伝えられたらと始まったこの企画。 今回の舞台は京都は臨済宗大徳寺派の総本山、大徳寺です…

今年のお花見はお早めに!知って得するウメ、サクラの豆知識!

www.gardenporter.com 皆さん、大変です。今年のウメ・サクラの開花が異常に速いです。 日本屈指の梅園の名所で知られる水戸の偕楽園では、例年ならこの時期10%の開花量に満たないはずが、すでに50%以上のウメが開花しています。 早咲きの河津桜の名所で知…

庭園における日本文化が生んだ最高傑作のひとつ。竹垣の魅力について語る~竹垣研修会を終えて~

www.gardenporter.com 先日、奈良県の某所にてとある竹垣の研修会が開かれました。 2日間に渡って開催された研修会はなにもかもが刺激的で、竹垣の施工技術と知識はもとより講師の先生方の人柄や熱意になにより深く感銘を受けました。 すごい。楽しい。美し…

なぜ、今禅なのか。現代社会と日本文化の軋轢に見る問題点

www.gardenporter.com 以前、このブログで「日本文化のおもしろさ」シリーズを連載していたことがありました。 何のために書いていたのかというと、私は自然と同じくらい日本文化が好きで、皆さんにもおもしろさを伝えたいという思いがあったからです。 しか…

庭師とめぐる庭めぐり~万博記念公園・日本庭園編その2~

www.gardenporter.com 万博記念公園編もこれにて完結です。 前回に引き続き、公園内の日本庭園を巡っていきます。 ↓前回↓ 前回は園内にある茶屋に辿りついたところで終わったので、今回は茶屋のちょっとした庭から見ていきます。 前庭にあったこちらの竹、ち…

庭師とめぐる庭めぐり~万博記念公園・日本庭園編その1~

www.gardenporter.com 年をまたいでしまいましたが、万博記念公園巡りの続きを書いていきます。 前回は日本庭園に辿りつくまでで終わってしまったので今回はたっぷりと庭園を巡っていきます。 ↓前回はこちら↓ まず、園内に入ると目の前に休憩施設があって、…

庭師とめぐる、庭めぐり~万博記念公園編・序章~

www.gardenporter.com 今回は大阪府吹田市にある「万博記念公園」をめぐっていきます。 万博記念公園は1970年に開催された日本万国博覧会の跡地を整備してつくられた公園で、園内には万博開催に向けて作庭された日本庭園が今もなお存在します。 この日本庭園…

百万遍さんの手づくり市、無事に終了しました!

www.gardenporter.com 昨日、京都市内の知恩寺にて開催された、手づくり市に参加してきました! 午前中は快晴で気持ちいい天気でしたが、午後になって一気に急変。 結構雨に降られて、びしょ濡れの中の片付け作業はちょっと辛かったですが、そんなの気になら…

竹の器と瓦を使って山野草のミニ寄植えを作ってみました!

www.gardenporter.com 先日、現場で大きな孟宗竹の廃材がでました。 なんと直径にして15cm程・・・! あまりにも立派な竹なので、このまま捨てるには惜しく、せっかくなので寄植えをしてみることに。 時期も時期だし「松竹梅」の竹ということで、テーマはやは…

庭師とめぐる、庭めぐり~無鄰菴・後篇~

www.gardenporter.com 庭めぐり、無鄰菴編もこれでラストです。 前回に引き続き、気ままに探索していきます。 ↓中編↓ 庭園の一番奥まで進むと、ついに流れの上流にたどり着きました。 そこにはやはり滝石組が待ち構えています。 少し控えめな、3段落ちの滝…

庭師とめぐる、庭めぐり~無鄰菴・中篇~

www.gardenporter.com 前編に引き続き、京都の名園・無鄰菴を探索していきたいと思います。 ↓前篇↓ 伝統と近代化の波に揺れ動く時代につくられた無鄰菴には、大きく2つの道があります。 それは「苔の道」と、 「芝の道」です。 この時代、庭園において今ま…

庭師とめぐる、庭めぐり~無鄰菴・前篇~

www.gardenporter.com 今回は京都の名園「無鄰菴(むりんあん)」を訪ねていきます。 無鄰菴が作られたのは明治時代。京都に存在する名園の中では比較的新しい庭園です。 その作風も文明開化の時代なだけに、今までにはなかった新しい要素を取り入れ、「近代…

庭師とめぐる、庭めぐり~紅葉の名刹・鶏足寺~

www.gardenporter.com 今回は、滋賀県長浜市にある鶏足寺を訪ねたことを書いていきます。 鶏足寺は現在廃寺となっていますが、紅葉の名所として有名で、この時期になると連日たくさんの人で賑わいます。 今年の紅葉は木々の色づき具合がまばらで、例年よりも…

庭師とめぐる、庭めぐり~大池寺蓬莱庭園・後篇~

www.gardenporter.com 前回の中編に引き続き、滋賀県甲賀市にある大池寺について書いていきます。 ↓中編↓ gardenporter.hatenablog.com 少々マニアックですが、茶室探索の続きです。 写真ではかなり分かりづらいとは思いますが、この天袋を見てください。 奥…

庭師とめぐる、庭めぐり~大池寺蓬莱庭園・中編~

www.gardenporter.com 滋賀県甲賀市にある「大池寺」について、前回に引き続き書いていきます。 ↓前篇↓ さあ、いよいよ蓬莱庭園の御目見えです。 書院から観賞する枯山水式の庭園ですが、なんといっても刈り込まれた樹木の形がとても印象的です。 奥のギザギ…

竹の一輪挿しを作って、山野草を生けてみよう!

突然ですが皆さん。もうすぐ、冬がやって来ます。 ガーデニング好きにはなかなか厳しい季節です。 しかし私たちはそんな寒さの中でも草花を愛でたい衝動は抑えきれないようにできています。そういう性なのです。 でもどうしても寒過ぎて外に出れないとき、体…

竹かごの中に小さな山野草のこけ玉が。こけ玉の応用形「たけ玉」をつくってみる!

www.gardenporter.com 以前の記事で苔玉の作り方を実際に作りながら皆さんにお伝えしました。 苔と草花で構成されている苔玉は、もちろんそれだけでも十分な魅力があります。 ですが私はどうしてもそこに大好きな竹という要素を取り入れたいと常日頃思ってい…

いま京都で開催中の「アートアクアリウム」に行ってきました!

www.gardenporter.com 突然ですが、日本庭園の池や川を覗くと必ずといっていいほど錦鯉や金魚が泳いでいると思います。 なかには自宅のお庭の池に金魚を放しているお宅もけっこう見受けられますし、水槽で飼育している方もたくさんいるかと思います。 優雅に…

瓦に山野草の寄植えを作ってみよう!

www.gardenporter.com 昨日のブログで瓦がガーデニングにも使えることがなんとなく伝わったかと思いますが、今回はガーデニングとしてもっと気軽にできる、瓦を使った寄植えを実際に作っていきます。 使用する瓦はこちら。 「巴瓦(ともえがわら)」と呼ばれ…

ガーデニングのちょっとしたアクセントに、「瓦」を使ってみよう!

www.gardenporter.com 最近の住宅では、減少の傾向にあるといわれる瓦屋根。 あの渋く輝く色と波のような造形。どっしりとした重厚感と高級感。 私は茶室や草庵の茅葺き屋根が好きなのですが、やはり日本建築といえば瓦屋根ではないでしょうか。 そんな瓦屋…

海外と比較することで見えてくる!日本文化のおもしろさ~「建築」編・後篇~

www.gardenporter.com 前回、日本が木造建築の歴史を歩んできたことと、襖や障子などの境界を例に、日本の建築は朽ちては建て直すことが前提の「仮設的」であることがポイントだとお話ししました。 今回はその仮設性について、古来の国民の文化や思想が最も…

海外と比較することで見えてくる!日本文化のおもしろさ~「建築」編・前篇~

www.gardenporter.com 今回で4回目になる「日本文化のおもしろさ」シリーズですが、もうそろそろお終いになるかもしれません。 そもそもこのシリーズを始めた理由は、皆さんに日本文化の根底にある「間」に気づき、おもしろいと感じて欲しかったからです。 …

日本を飛び越え感じる侘び寂び。アジアのノスタルジックな遺跡たち

www.gardenporter.com 以前、侘び寂びとは日常との時間軸のギャップが間となって生じるものだと語りました。 ↓以前の記事。侘び寂びとは↓ 今回は、そんな侘び寂びを感じれるアジアの遺跡を紹介していきます。 山野草にそこはかとなく感じるノスタルジーとど…

海外と比較することで見えてくる!日本文化のおもしろさ~「かわいい」編~ 

www.gardenporter.com この日本文化シリーズも3回目を迎えました。今回は「かわいい」編です。 海外と日本の「かわいい」を見比べて、日本の面白さをあぶり出そうという試みです。 それではやっていきます。 「きれい」と「かわいい」 普段何気なく使う「か…

庭師とめぐる、庭めぐり~妙心寺退蔵院・後編~

www.gardenporter.com 今回から始まった「庭師とめぐる、庭めぐり」シリーズ、後編です。 それでは早速、前編に引き続き退蔵院の庭を巡っていこうと思います。 ↓前編はこちら↓ 前回紹介した「瓢鮎図(ひょうねんず)」を眺めているとき、隣に気になるものが…

庭師とめぐる、庭めぐり~妙心寺退蔵院・前編~

www.gardenporter.com 今回から始まりました、「庭師とめぐる、庭めぐり」シリーズです。 庭めぐりは、宝探しのような謎解きのようなワクワク感がいっぱいで、童心に帰って楽しめるので私は大好きです。 このシリーズは庭師の目線で、普通に見ていたら見過ご…

海外と比較することで見えてくる!日本文化のおもしろさ~映画編~ 

www.gardenporter.com 「日本文化のおもしろさ」シリーズ第2弾は、日本と海外の「映画」についてです。 このブログを書くようになってから初めて「自然」という大きなテーマから逸れる内容となりますが、皆さんに少しでもおもしろいと感じて頂けたら幸いで…

海外と比較することで見えてくる!日本文化のおもしろさ~庭園編その2~ 

www.gardenporter.com 前回の記事では西欧の庭園について書きました。 今回は日本の庭園について書いていきます。 ↓前回の記事↓ gardenporter.hatenablog.com Let's 比較! 一方日本は、神道と仏教の国です。 神道は日本土着の自然崇拝で、「八百万(やおよ…

海外と比較することで見えてくる!日本文化のおもしろさ~庭園編その1~ 

www.gardenporter.com 今回から「日本文化のおもしろさ」シリーズをちょくちょく書いていこうと思いますが、記念すべき(?)第1回目は庭園編にしました。 自分がバックパッカーとして実際海外で見て感じた経験も踏まえて書いていくので、外の世界を知るこ…

わびさびってなんだろう?日本文化を取り巻く「間(ま)」についてのお話

www.gardenporter.com 今回は以前の記事で深く話したいと言っていた日本文化を取り巻く「間(ま)」についてお話しします。 ↓以前の記事↓ gardenporter.hatenablog.com 「間」とは 仲間、昼間、間合い、間違い、間抜け、間延び、間取り、茶の間、床の間、一…