GardenPorterのブログ

滋賀県にある山野草のネットショップ、GardenPorterのブログです。山野草を始めとする四季折々の草花やお手入れやガーデニングに関する情報を初心者の方にもわかりやすくお届けします。

GardenPorterはモノづくり!

 山野草の初心者も安心のネットショップ“GardenPorter”(ガーデンポーター)は、植物をお客様にお届けします。植物と共にモノづくり(物作り)もお届けします。

f:id:GardenPorter:20150707163328j:plain f:id:GardenPorter:20150707163424j:plain

  着工前(黒いビニールポット)      完了(陶器の鉢 と 木の花台)

   ヒメヒオウギアヤメ(姫緋扇文目

      ・草丈・・・30㎝~40㎝(写真は13㎝)

      ・花期・・・4月~6月

   ・花の色・・・白、ピンク、青

 

 私は、幼少のころよりずーっと “モノづくり”が大好きです。植物は生き物で自然のものですから、手を加えてモノづくりをすることはできないです。バランスよく植えるとか、枝ぶりを美しく整えるために枝を剪定(散髪です)するとかはできますけどね。そこで、どういう切り口でモノづくりをお客様にお届けするかといいますと、植物を植える「鉢」や、鉢の下に敷く「水受け皿」や、その下に敷く「布の敷物」、植物の植わった鉢を飾る「敷き台」などでモノづくりをお届けします。

 

f:id:GardenPorter:20150707163754j:plain

花台を作ります。(材料と道具)

 

f:id:GardenPorter:20150707163821j:plain

細い板を、必要な長さに切りました。「キコキコ」

 

f:id:GardenPorter:20150707163920j:plain

バーナーで板の表面を焼いて焦がします。「ゴォォォ~ッ」

 

f:id:GardenPorter:20150707164011j:plain

焦がしました。(まっくろ)

 

f:id:GardenPorter:20150707164043j:plain

焦がした黒い炭を磨き落としました。「ゴシゴシっ」できあがり。

 

 皆さんがよくご存じの真っ黒の色のビニールポットにおさまっている植物(苗木)と、バランスよく洒落た鉢におさまっているのとを比べると、植物の見栄えも、鉢自体の見栄えも、様子がガラッと変化して全く違うもののように素晴らしく映えて目に映ります。鉢が植物を映えさせ、また、植物が鉢を映えさせて相互に素晴らしい効果を生み出すのです。

  “GardenPorter”では、植物にも鉢にもキモチを入れ、ココロを向けて、人のぬくもりのある(人間臭さ かもしれません)サービスの提供をこころみようと考えています。

 

 植物と鉢の組み合わせは、単純にイメージしただけでも、数えきれないほどのパターンになります。どんな組み合わせでもよいというわけではありませんが、組み合わせによっては想像していたよりも、『イイじゃない!』と言う発見もたくさんあります。こういう想像をしていると、すごくワクワクしてきてこれからが楽しみです!

 お客様の中には、自分でアレンジして手持ちの鉢に植えたいという方がおられることでしょう。その場合、もちろん植物のみ(ビニルポットの状態)でのお届けをします。ご安心ください、鉢に植えてのお届けが強制じゃないです。

 そうです“GardenPorter”は、自由度を武器に、お客様にいかに柔軟な対応をしていくかということも、ビジョンの一つです。

 その裏付けとして、GardenPorterを運営している株式会社近江庭園ではマイホームの外構工事(エクステリアですね)もしています。外構工事はまさしくお客様個々の細かなご希望の集合体です、例に挙げると、

  ・境界ブロック塀、

  ・フェンス、

  ・カーポート、

  ・門柱、表札、ポスト、インターホン、門灯、

  ・アプローチ、

  ・花壇、

  ・洗濯物干しテラス

 これらは、それぞれメーカー、大きさ、色、素材、等々使用が細かくあり、全てにおいてお客様と打合せしてご希望をくみ取り決定し、素晴らしいカタチに創りあげ、納めます。

 

 このような経験を重ねてきたからこそGardenPorterで個々のお客様のご希望に沿った「お届け」を目指します。

 

 

 造園業者のアプローチする植物が“GardenPorter”です!

 

 

 山野草の初心者も安心のネットショップ“GardenPorter”(ガーデンポーター)は、ただいまリニューアルオープンの準備中です。

 

8月下旬リニューアルオープン予定です。

よろしくお願いいたします。