読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GardenPorterのブログ

滋賀県にある山野草のネットショップ、GardenPorterのブログです。山野草を始めとする四季折々の草花やお手入れやガーデニングに関する情報を初心者の方にもわかりやすくお届けします。

庭師とめぐる、東京ディズニーシーめぐり~アメリカンウォーターフロント編~

www.gardenporter.com

 前回に引き続き、東京ディズニーシー植物に注目して巡っていきます。

7つのエリア別に紹介していくわけですが、前回はメディテレーニアンハーバーを紹介したので、今回はアメリカンウォーターフロント紹介していきます。

↓前回の記事はこちら↓

f:id:GardenPorter:20160116143706j:plain

 ©Disney

 アメリカンウォーターフロント

 20世紀初頭のアメリカの雰囲気を残す、都会と漁村が混在する港町。

刺激的かつゆったりとした時が流れるこのエリアには、いったいどんな植物が待っているのでしょうか。

まず向かったのはマップ左下に位置するトイ・ストーリーの世界。園内で最も人気なアトラクショントイ・ストーリー・マニア」があります。

f:id:GardenPorter:20160121094820j:plain

とにかく大人気で2、3時間待ちは当たり前ファストパス開園直後1時間以内にはなくなります

写真が夜なのも、朝昼はファストパスとスタンバイの長蛇の列で近づく事ができなかったためです。

まあ私の目的はあくまでも植物なので関係ないですけどね。

夜はイルミネーションが綺麗ですが、おもちゃの世界ということもあり植物は少なめ。

そんな中やっと見つけたのがこのコニファー

f:id:GardenPorter:20160121100537j:plain

螺旋状に刈り込まれていて、おもちゃの愉快な世界を陰ながら盛り上げてくれていました。

それにしても植物が少なく、見つけたのはこのコニファーと、オオムラサキと・・・

f:id:GardenPorter:20160121101508j:plain

朝一にファストパスの列で見つけた寄植えくらいですかね。

上空にあったため詳しくはわかりませんでしたが、黒葉のニューサイランと赤い花はゼラニウムだったと思います。

 さて、この隣には絶叫系アトラクション「タワー・オブ・テラ―」のホテルハイタワーがそびえ立っている訳ですが、

f:id:GardenPorter:20160121122259j:plain

f:id:GardenPorter:20160121122940j:plain

アトラクションの入り口わきにはこんな寄植えが。

バラコクリュウを使っています。

ゴシック様式の建築と合わせ、ちょっとダークな雰囲気がします。

もし可愛らしいピンク色のバラが咲くならゴスロリっぽくなりますね。

f:id:GardenPorter:20160121125757j:plain

こちらは造花ですが、ホテル内には枯れた植物のオブジェがミステリアスな雰囲気づくりに一役買っていましたよ。

タワー・オブ・テラ―は上手いこと植物を使うことで世界観をより際立たせていると感じました。

f:id:GardenPorter:20160121132625j:plain

 ホテルハイタワーの前にあるウォーターフロントパーク。

噴水の近くにある円形の花壇は、見事なドット柄になっていました。

植えられているのはベゴニア・センパフローレンス冬の花壇の代名詞的存在です。

ちなみにベゴニアって葉挿しできるってご存知でした?

葉っぱを切って土に挿しておくと、ニョキっと新しい芽が出てくるのです。葉で増えるとはなかなかユニークですね。

 さてここから北に進むと、ポートディスカバリーに至る道の途中に園内で最も寄植えや花壇が密集する華やかなスポットがあります。

ある有名なキャラクターのショップやショーが見れる場所なのですが、そのシルエットをかたどった寄植えもありました。

f:id:GardenPorter:20160121141000j:plain

まるい顔と大きな耳をかたどったタマリュウ。可愛らしいですね。

周りは黄色と赤が目立つカルーナ・ブルガリスで縁取られています。

f:id:GardenPorter:20160121142255j:plain

こちらはシバでシルエットを。周りをピンクのプリムラ・ジュリアンで縁取っています。

さあ、このキャラクター、皆さんもうおわかりですね?

そうです。

f:id:GardenPorter:20160121143325j:plain

f:id:GardenPorter:20160121143434j:plain

ダッフィーです。

ミッキーだと思った方、気を悪くしないでください。

ちなみに上の写真はレンガの程良いでこぼこ感が可愛いらしいビオラの花壇、下の写真は黄色い筒状花が特徴のツツジ科の小低木、エリカ・パターソニアヘデラです。

ディズニーシ―の大人気キャラクター・ダッフィーが牛耳るこのエリアはとにかくお花でいっぱいです。

f:id:GardenPorter:20160121150217j:plain

背の高い銀色のエレモフィラ・ニベア、色鮮やかに咲くアネモネ、白いマーガレットの寄植えです。

タルを割ったような鉢も可愛らしいですね。

f:id:GardenPorter:20160121152554j:plain

白いマーガレットとオレンジの筒状花が特徴のシーマニア

f:id:GardenPorter:20160121153140j:plain

ピンクと黄色のカラフルなマーガレットとビオラ

f:id:GardenPorter:20160121154353j:plain

よーく見るとビオラの横にクマドウジ(熊童子)が。

小熊の足のように見えることから名付けられた多肉植物のクマドウジ。

テディベアのダッフィーに関連付けているのでしょうか。

f:id:GardenPorter:20160121153514j:plain

白とピンクのクリスマスローズと色とりどりの八重のカランコエ、赤い実が可愛らしいチェッカーベリー

f:id:GardenPorter:20160121153930j:plain

ストックと紅白のシクラメン

f:id:GardenPorter:20160121154125j:plain

ドーナツみたいな色とりどりのサイネリアの花壇。

f:id:GardenPorter:20160121153830j:plain

他にもたくさんの花々で溢れていました。全部紹介しきれません。

花の少ない冬ですらこれ程カラフルだということは、きっと年中お花で賑わっているエリアなのでしょう。

ダッフィー好きの皆さんはぜひお花も一緒に楽しんでみてください!

 

 以上、アメリカンウォーターフロント編でした。

来週は残りの5つのエリアを一挙に紹介していくつもりですので楽しみにしていてください。

 

記事・・・飛田亮

www.gardenporter.com