読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GardenPorterのブログ

滋賀県にある山野草のネットショップ、GardenPorterのブログです。山野草を始めとする四季折々の草花やお手入れやガーデニングに関する情報を初心者の方にもわかりやすくお届けします。

庭師とめぐる、島めぐり~インド洋の真珠のネックレス・モルディブ【後編】~

 

 前編ではモルディブのおおよそのことや乗り継ぎの際のシンガポール空港で見た植物たちを紹介してきました。

後編ではモルディブで出会った植物を中心に書いていこうと思います。

↓前編はこちら↓


f:id:GardenPorter:20161005142820j:plain

 モルディブの美しい海の世界を紹介するブログはあっても、 島内の自然を紹介するものはなかなか無いのではないでしょうか。

ご覧のとおりここギリ ランカンフシでは、エコフレンドリーをモットーにしている為かまるで手付かずのジャングルのような世界を楽しむことが出来ます。

しかしよく見ると通路を邪魔する木の枝は所々強剪定されているためアーチ状に枝が伸び、緑のトンネルが出来上がりちょっとメルヘンチックな雰囲気もあります。

f:id:GardenPorter:20161005145204j:plain

ジャングルの中にはちょっと大きなトカゲや、

f:id:GardenPorter:20161005145242j:plain

南国らしいトリも生息していました。

 

f:id:GardenPorter:20161005144842j:plain

自然を満喫していると、オーガニック・ベジタブルガーデンなるものを発見。

どうやらレストランで使う野菜や、料理に添える草花も島の中で自ら栽培しているようです。

f:id:GardenPorter:20161005152200j:plain

f:id:GardenPorter:20161005152425j:plain

温室にはたくさんの野菜やハーブたちが!

というかこんな所まで立ち入らせちゃって大丈夫なのでしょうか。

これも全てを包み隠さずさらけ出すことでリラックスさせたいというおもてなしの心なのでしょうか。素晴らしいです。

 

f:id:GardenPorter:20161005151344j:plain

ガーデンに咲いていたチョウマメ。

東南アジア~インドに自生するマメ科のつる性植物です。

今回の旅行で料理の飾りとして最もよく目にした花です。

日本にも江戸時代に入ってきました。

 

f:id:GardenPorter:20161005154403j:plain

白い小さな花とマツボックリ?のような緑の実が特徴のヤエヤマアオキ

インディアンマルベリー、ノニの木の名前でも知られているアカネ科の常緑樹です。

日本では沖縄に自生しており、近年ノニジュースが健康食品として人気になってきています。

 

f:id:GardenPorter:20161005164753j:plain

白い花を咲かしているのはヒガンバナ科ハマユウの仲間です。

ヒガンバナと同じくアルカロイドを含むため、英名ではポイズンバルブという恐ろしい名で呼ばれています。

日本には亜種が自生し、宮崎県の県花となっています。

 

 f:id:GardenPorter:20161005150212j:plain

ルコウソウ

f:id:GardenPorter:20161006185552j:plain

オシロイバナ

f:id:GardenPorter:20161006185643j:plain

ニチニチソウ

日本でもおなじみのオシロイバナニチニチソウもとても元気に咲いていました。

 

f:id:GardenPorter:20161005151118j:plain

他にも正体不明の花々がちらほらと咲いていました。

未知の植物を見るのは楽しいものですね!

 

f:id:GardenPorter:20161006191248j:plain

さて、お次は海岸の近くの植物を探しに行きましょう。

 

f:id:GardenPorter:20161006191445j:plain

南国と言えばやはりヤシ!

前編でも紹介しましたが、ヤシの実や葉はリゾートの至る所で活用されていました。

f:id:GardenPorter:20161007155913j:plain

名付けてヤシ垣

ヤシの葉を逆さまにして垣根として使っていたり、

f:id:GardenPorter:20161007160056j:plain

水上ヴィラの屋根材にもヤシを使っています。

これは今丁度葺き替えている所です。

 

f:id:GardenPorter:20161006192315j:plain

生垣上に刈り込まれているのはクサトベラ

島の海岸には必ずと言っていいほど生えていました。

熱帯・亜熱帯地方の海岸では定番の植物のようです。

f:id:GardenPorter:20161006192338j:plain

日本に普通に自生しているトベラを全体的に巨大化させたような感じで、扇を逆さまにしたような白い花を咲かせます。

日本でも薩摩以南の南西諸島で見ることが出来ます。

 

f:id:GardenPorter:20161006185914j:plain

f:id:GardenPorter:20161006185954j:plain

ヤシと同じくらい大きな木の足元には、ハイビスカスのような花が。

これはオオハマボウというアオイ科の常緑高木で、日本では種子島屋久島、琉球列島に自生しています。

海岸に自生することからシー・ハイビスカスとも呼ばれていて、咲き始めは黄色い花が徐々に赤みを帯びていくという特徴があります。

 

f:id:GardenPorter:20161006192424j:plain

f:id:GardenPorter:20161006192452j:plain

黄色い花を咲かせているのはナンバンアカズキ。マメ科の半常緑高木です。

マメがたくさん実っていますが、熟すと真っ赤で艶やかな実が弾け出ます。

f:id:GardenPorter:20161007174518j:plain

ナンバンアカズキの実

とても綺麗なのでネックレス等のアクセサリーとして使われているようです。

 

以上、ギリはナチュラル志向なのであまり園芸品種的な花は咲いていませんでしたが、島に自生しているありのままの植物たちを楽しむことが出来ました。

他にはフォーシーズンズ・クダフラという別の島にあるリゾートにも遊びに行ったのですが、そこには花木がたくさん植わっており、ギリとはまた違った雰囲気がありました。

f:id:GardenPorter:20161006192553j:plainf:id:GardenPorter:20161007180146j:plain

熱帯花木を代表するプルメリア

f:id:GardenPorter:20161007180120j:plain

カラーリーフのクロトン。奥に見える赤い花はサンタンカ

プルメリアは熱帯アメリカ原産で、世界各地の熱帯地域に植栽されています。

花には芳香があり、ハワイではレイとしても使われる人気の花木です。

他にも様々な花が咲き誇っていました。

ナチュラルでありのままの美しさを楽しめるギリと、整えられた美しさをもつクダフラ。

対照的な2つの島を訪れましたがどちらもモルディブらしく、素敵でした。

 

以上、モルディブで出会った植物について紹介してきました。

ここからはオマケです。

f:id:GardenPorter:20161006192643j:plain

ギリにはバイザシーというとっても美味しい日本料理レストランがあるのですが、そこの全ての机にはこんなものが設置されています。

Zen Garden。枯山水セットです!

これにはとても感動し、早速作ってみることに。

f:id:GardenPorter:20161006192712j:plain

こちらは妻の作品。

f:id:GardenPorter:20161006192745j:plain

こちらは私の作品です。

料理を食べるのも忘れ、夢中になってしまいました。笑

整地する道具も貝殻や木の実、小枝で作られていてナチュラル感あふれています。

ギリのエコフレンドリー精神は禅の思想と通じている所があり、自分がギリに惹かれた理由が少しわかったような気がしました。

f:id:GardenPorter:20161008103629j:plain

シュノーケル中に出会った巨大エイ

もちろん海の世界も最高でした!

きっとまたいつか、訪ねにこようと思います。

 

記事・・・飛田亮

www.gardenporter.com